FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/07 (Wed) 高知白バイ事件ひと目表

こちらはほとんど前のと同じです。

将来、自分が裁判員になったとき、相反する証言を聞いてどう判断するか?
そんなふうにして見直してみる、という使い方もありでしょう。
ひと目表

例えば、今回裁判所では証言する機会を与えられなかった方(複数)の、「翌日に現場に行ったときはスリップ痕(もどき)は無かった。あったのは血痕だけだった。」という証言を採用すれば、それに反する証言証拠は当然不採用となる。すると必然的にそのスリップ痕もどき写真は超常現象か捏造かのいずれかとしかならない。

逆に、178mもの遠くから見ていたと称した目撃者独りのみの証言を証拠採用すれば、多数の証言者の証言を然したる理由も無く却下することとなる。

おっと、忘れるところだった。
スリップ痕もどきの無かったことの証明は、新たに名乗り出ていただいた当時現場近くに滞在していた出張中の会社員の方の証言が加わった。
これも片岡さんや校長先生多数の生徒さんの証言の信憑性を著しく高めたことになった。願わくば、このことも真っ当な裁判官によって審理されることを祈る。


記事一覧等はタイトル下の≪Archieveをクリック

| trackback(0) | comment(0) |


<<バスに乗っている片岡さんの写真考 | TOP | 愛媛山本事件時系列表>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://i2me.blog15.fc2.com/tb.php/77-b7b2dec5

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。